【報告】愛知県一宮市「気候風適応住宅の構造見学会」にて、くむんだー出展しました!

6月16日(土)・17日(日) 愛知県一宮市「気候風適応住宅の構造見学会」にて、くむんだーを出展しました。

今回も、構造見学会に来られた皆さん中心に「くむんだー」を楽しみました。
「くむんだー」は、ボルト金物を使わない木組みの家と同様に「木のめり込み」で成り立っています。
言葉でなかなか伝わらない「木のめり込み」ですが、「くむんだー」の楔を打って締まっていく感覚を体験して頂くことで、「木のめり込み」がどんな状態なのか、木組みの家はどのように成り立っているかなど、伝えることが出来ました。

今回の見学会の主役は、こちらの「石場建ての家」です。
東海地域の新築で第一号の「サスティナブル気候風土適応住宅」採択物件です。
建材を極力使用せず、自然の素材から作られ気候風土に適応した「木組み・土壁・石場建て」の住宅です。
見学会当日は、竹小舞の姿を見て頂きました。

 

コメントを残す