木の家ネット岐阜について

私たちは、「木組み・土壁・石場建て」など、「伝統的な木の家作り」に関わる仕事をしています。

私たちが生まれた1970年代には、地域の山から木を伐り出し、職人の手仕事で作られる民家が、山を守り、日本の町並み・里の風景を育む地域の風土を残していました。

しかし、職人の手仕事は産業機械へと移り変わり、木や土や石などの素材は、合板や樹脂などの工業製品に変わり、何百年と続いてきた地域の風土は失われ続けています。

今消えようとしている「地域の風土」を守る為に、私たちができる事から始めようと考え、子供から大人まで楽しめる「くむんだー」を活用して、「伝統的な木の家作り」の啓発活動を行っています。

昔の人たちが繋いでくれた 風土 を、未来の子供たちに渡せますように。

2017年春

くむんだーについて

「くむんだー」は、伝統的な大工技術である貫工法によって、柱・貫・楔だけで組み立てや解体が行える「木のジャングルジム」の名称です。

「くむんだー」の対象は子供たちであり、大人たちも一緒に参加することにより、家族そろって楽しむことが出来る「木育玩具」です。

木槌で楔を打ち込む作業は、木の柔らかさ硬さ、温かさ、香り、表情、木槌の音など、五感で感じることができ、立体として組み上がっていく過程は、子供たちに「モノづくりの楽しさ」と「達成の喜び」を体験する場となります。

現在「くむんだー」は、「木育」のツールとして期待され、社会的ニーズへの対応という視点でとらえることが出来ると考えています。

気候風土適応住宅

私たちの「伝統的な木の家作り」は、以下の事を考えています。

  1. 近くの山の木を使い、山と住まい手との関係を築き、山を守りたい。
  2. 木・藁・井草や石・粘土・石灰など、自然に還る素材で、家を作りたい。
  3. 大工の手刻みによる木組みの家とし、永く住み継げる家を残したい。

#気候風土適応住宅